「建設キャリアアップシステム」試験運用開始

2019-01-21

「建設キャリアアップシステム」とは、建設現場で働く労働者の稼働日数や内容などを記録し、技能を評価するシステム。4月からの本格運用を前に、東京を中心とした24現場で試験的に運用が始まった。登録は任意だが、国交省と建設業界は今後5年で国内の全建設労働者約330万人の登録を目指す予定。

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.