介護職に7割、利用者からパワハラ経験

2018-06-25

介護職の7割が、利用者および家族から暴言・暴力などのパワハラ被害を受けた経験があることが、日本介護クラフトユニオンの調査でわかった。被害内容の内訳(複数回答)では、「攻撃的態度で大声を出す」が61.4%、「他者を引き合いに出し、サービスを強要する」が52.4%だった。

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.