労災認定基準見直し求める意見書提出

2018-05-28

過労死問題に取り組む弁護士らで形成されている「過労死弁護団全国連絡会議」は、労災認定基準の見直しを求める意見書を厚労省へ提出した。労災認定の目安とされる時間外労働時間を現在の80時間から65時間程度に引き下げることや、複数の職場で働いた場合は労働時間を合算して算出するよう求めている。

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.