妊婦の休業助成、利用進まず 開始1か月で申請50件

2020-07-27

妊娠中の労働者が新型コロナウイルスに関連して有給休暇を取得した場合の助成制度について、スタートから約1か月での申請件数が50件にとどまっていることがわかった。一方で、勤務先企業が休業制度を作らないために助成金を利用できないという相談が35件寄せられており、加藤厚生労働相は、企業への周知を進めるとともに休業制度の導入を呼びかけていく考えを示した。

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.