年休5日以上の消化義務化で従業員が従わない場合は企業に罰則

2018-07-23

働き方改革関連法の成立を受け、厚労省は2019年4月から、年10日以上の年休が与えられている働き手が自主的に5日以上を消化しない場合、企業が本人の希望を踏まえて最低5日を消化させることを義務づけ、違反した場合には従業員1人当たり最大30万円の罰金を科す方針を示した。

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.