「脱ハンコ」へ、総務省が電子書類の公的認証の運用開始を前倒しへ

2020-05-25

総務省は、文書が改ざんされていないと証明する「タイムスタンプ」の事業者認定の運用開始を当初予定の2021年度から20年内に早める。電子的な社印「eシール」は22年度から1年の前倒しを目指す。在宅勤務などが広がる中で、押印のためだけに出社するといった例もあるため、それぞれ大幅に前倒しして、遅れていた「脱ハンコ」の環境づくりを急ぐ。

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.