人事コンサルティング

人事コンサルティングとは

人事についての悩みをもたない経営者はいないでしょう。経済のグローバル化やIT化による急速な社会の情報化は、企業の優劣が人材で決まるということを否が応でも経営者につきつけてきます。しかし、能力主義、成果主義制度を導入したにもかかわらず、結果的には年功序列になっていたり、優秀な人材ほど定着しなかったりというケースは枚挙に暇がありません。大企業に比べて人材不足の感が否めない中小企業においては、現在のマンパワーで最大の成果を発揮しなければならないはずですが、それができていないと考える経営者は少なくありません。

転職があたりまえとなった今日において、社内に占める中途採用の割合が多くなると、これまでの人事制度がうまく機能しなくなることがあります。とくに中小企業においては、ある時点でつくった詳細な評価基準や賃金システムが状況変化についていけず、社員の定着率やモチベーションが下がったりするケースがあります。優秀な人材は大切にしなければいけないが、それ以外の社員にも辞めてもらっては困るというのが中小企業の経営者の本音でしょうから、このような事態は深刻です。

中小企業の人事制度はシンプルであるべきです。とくに雇用の流動化がすすみ、経営環境が日々激しく変化している今日においては、シンプルな制度を会社の実情に応じていかに運用するかがポイントとなります。

会社が自らの抱えている問題点がわからないというケースは案外多いものです。外部のコンサルタントとして現場の声を収集していると、会社が抱えている問題は百社百様です。しかし、問題点がはっきりしてくるとそれに対する答えはおのずとみえてくるものです。

当事務所においては、会社の人事部門として、会社の実情に応じたコンサルティングをおこないます。中小企業の抱える人と組織の問題について提案、アドバイスをおこなうだけでなく、実施、検証までおこないます。

>>人事コンサルティングサービス・料金

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.