マイナンバーと預貯金口座をひもづけ デジタル化推進で政府が方針

2020-09-28

政府は、デジタル改革関係閣僚会議の初会合を開催し、行政サービスのデジタル化を一元的に担う「デジタル庁」の検討を本格化させた。来年の通常国会での法整備を目指す。デジタル改革では特にマイナンバーの活用が優先課題とされており、今後、各種免許・国家資格との一体化、迅速な給付金の実現のための預貯金口座とのひもづけについて検討が行われる。

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.