性同一性障害の職員に対するトイレ使用制限に違法判決

2019-12-16

性同一性障害である経済産業省職員が、女性トイレの使用を制限される差別を受けたなどとして、国に損害賠償などを求めた訴訟について、東京地裁は12日、「国民の意識や社会の変化に照らせば、自ら認識する性別に即して生活する重要な法的利益の制約は正当化できない」として、違法性を認め、国に132万円の賠償を命じる判決をした。

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.