6年連続で入職率が離職率を上回る 雇用動向調査

2019-08-26

厚生労働省が発表した2018年の雇用動向調査によると、働き手のうち入職率(就職者や転職で仕事に就いた人の割合)は15.4%(前年比0.6ポイント減)で、仕事から離れた人を示す離職率(14.6%・同0.3ポイント減)を6年連続で上回った。仕事に就いた人を男女別でみると、女性が18.5%で男性の12.9%を上回った。

Copyright(c) アヴァンセ社会保険労務士事務所 All Rights Reserved.